散歩の時のしつけとは

散歩にもしつけがあります。
にとって散歩はとても大切な事で、毎日行うのできちんとしつけをしておきましょう。
散歩のしつけができていると、周囲に迷惑がかからないのと、楽しく散歩ができますのでマスターしておく必要があります。

まず、散歩は必ずリードをしていく事がマナーになります。
しつけがまだの犬は、リードを装着した際には、暴れたりして危険をおかす場合がありますのでリードの先をきっちり飼い主の手首に巻きつけて離れないようにします・
なるべく飼い主の横を歩くようにしつける為に、リードは短く持つ事も大切です。
飼い主より、先に歩こうとする事は服従関係ができていれば、無いですが、もし飼い主より先に歩こうとするなら、服従関係を見直す事と、先に歩こうとした際は飼い主が立ち止まり『ダメ』と一言言います

散歩中に排便をして欲しい人は、決まった時間に散歩にでかけると自然と散歩にしか排便はしなくなります。
これは自然のメカニズムですので、しつけの必要はありません。

散歩中に他の犬と遭遇した場合、吠えたり、犬でなくても人間に向かって吠えたりする場合があります。
このしつけの方法は、吠えた瞬間にリードをグイッと強く引っ張り『ダメ』か『イケナイ』と強く言います。
リードを引っ張る瞬間が大切なポイントで、吠えた瞬間に引っ張りましょう。
吠え終わってからや吠えて興奮している最中に引っ張るとあまり効果がありません。
このしつけもできるようになるまでに、かなりの時間がかかります。
根気よく、長い時間をかけてしつけるようにしていきましょう。

散歩中、子犬は何でも興味津々で、拾い食いをしたりします。
そんな時は、すぐに食べ物を口から取り出し『イケナイ』や『ダメ』と言いましょう。
拾い食いのしつけのポイントは、食べ物の臭いを嗅いでいる時でなく、口に入れようとした瞬間に叱りましょう
臭いを嗅いでいる時は、絶対に叱ってはいけません。
犬にとって、臭いを嗅ぐという行為は人間で言う『目で見る』という行為と一緒だからです。

▲▲▲ 犬のしつけのプロに学ぶなら ▲▲▲

この記事のタグ

サイト内関連記事

無駄吠えのしつけの方法
無駄吠えは、飼い主もイライラしてしまうし、他人にも不愉快な思いをさせてしまう行為......
犬の留守番のしつけの方法
犬は留守番がとても苦手です。 何故かというと、犬は群れて生活する習慣があるので飼......
犬の預かりについて
犬を預ける場合は、旅行に行ったりする2泊以上、留守番させないといけない時です。 ......
犬のしつけ『来い』方法
犬のしつけで、来い(おいで)は、犬が失踪しかけた時や急に走り出した時等にとても有......
犬のホールドのしつけの方法
ホールドは犬が物を口で掴むしつけです。 ホールドのしつけができると、遊びの幅も広......
犬と電車にのる場合
しつけの基本ができていれば、犬と一緒に電車に乗っていろんなところに行けます。 し......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけ方法~愛犬がますます好きになる!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://animarl.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。