犬の留守番のしつけの方法

犬は留守番がとても苦手です。
何故かというと、は群れて生活する習慣があるので飼い主と離れる事が苦痛でとても寂しがります。

しかし、どこでも飼い主と一緒という訳にはいきませんよね。
半日や1日のお留守番ができるようにしつけておくのが、大切です。
お留守番のしつけをしていないと、問題行動を起こして、食べてはいけないものを食べてしまったり部屋をイタズラしたりして、大変な事になります。

待っていれば、いつかは飼い主が帰ってくるとわかれば犬は少しの不安感で、お留守番ができます。
『犬だけにするのは、かわいそうすぎる』と言わずに、お留守番をさせる事が少なくてもあえてしつけておきましょう。

留守中に排泄したり、部屋のイタズラをすると言う事は、飼い主と離れてしまった事に対する別離不安からの行動です。
ポイントは必ず帰ってくると学習させる事で1日の留守番はできます
しかし、2~3日は別で、ペットホテルに預けていたりしても強烈なストレスをともないますので、頭に入れておきましょう。

留守番のしつけの方法は、最初は5分から始めます。
その3日後には30分、その次は1時間とお留守番の時間を延ばしていきます。
徐々に延ばしていく事がポイントとなりますので、憶えておきましょう。

最初はテレビをつけっぱなしにする等して、出かけるそぶりを見せないようにしましょう。
家に帰ってきても、犬のところには行かずに、無視してまず手洗い等自分の用事を済ましてから、犬のところに行くようにしましょう。
犬がまだ興奮している場合には、まだ犬のところに行かず無視します。
犬が落ち着いたら、犬のところに行って褒めてあげましょう。

上記のしつけの方法とは異なりますが、うちの犬は『お留守番よ』と言えば寂しそうな顔をしますが、吠えたりせずに大人しく待っています。
『お留守番よ』といい忘れた時は、吠えて待っているようです。

▲▲▲ 犬のしつけのプロに学ぶなら ▲▲▲

この記事のタグ

サイト内関連記事

無駄吠えのしつけの方法
無駄吠えは、飼い主もイライラしてしまうし、他人にも不愉快な思いをさせてしまう行為......
散歩の時のしつけとは
散歩にもしつけがあります。 犬にとって散歩はとても大切な事で、毎日行うのできちん......
犬の預かりについて
犬を預ける場合は、旅行に行ったりする2泊以上、留守番させないといけない時です。 ......
犬のしつけ『来い』方法
犬のしつけで、来い(おいで)は、犬が失踪しかけた時や急に走り出した時等にとても有......
犬のホールドのしつけの方法
ホールドは犬が物を口で掴むしつけです。 ホールドのしつけができると、遊びの幅も広......
犬と電車にのる場合
しつけの基本ができていれば、犬と一緒に電車に乗っていろんなところに行けます。 し......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけ方法~愛犬がますます好きになる!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://animarl.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。