犬のホールドのしつけの方法

ホールドはが物を口で掴むしつけです。
ホールドのしつけができると、遊びの幅も広がる事でしょう。
ホールドのしつけに使用するのは『トレーニング・ダミー』というものを使用します。

①犬をオスワリさせて、飼い主は犬の右側に座りリードは膝の下側にはさんで押さえておきます。

②左腕で犬の頭を抱え込んで、左手の薬指で犬の口をあけます。
この時、『よーし、良い子ね』と優しく声をかけながら行いましょう。

③しつけに使用するダミーを、右手に持って犬の前へ持って行きくわえるのはコレだと認識させましょう。

④親指を口にかけたまま、左腕の肘を使って犬を上に向かせて口の中にダミーを入れたと同時に『ホールド』と声をかけます。

⑤犬は、舌を奥に引っ込めて、奥の歯でしっかりとくわえるでしょう。
くわえる事ができたらしっかり大袈裟に褒めてあげましょうね。

⑥次は、犬の意思で物をくわえあげるしつけを開始しましょう。
ダミーを犬の鼻先に持っていきます。

⑦犬がダミーを見つめているはずです。
そしたらゆっくりとダミーを下へおろします。
犬の視線がダミーを追っていたら、いっぱい褒めてあげましょう。

⑧ダミーを床に置くと、犬はそれを口にくわえようとするはずですが、犬がその動きを見せた時にすがさず『ホールド』と命令します。
ダミーは再び飼い主の手の中に置き、離さないようにしましょう。

⑨飼い主がダミーから手を離すと、犬はそれをくわえあげるでしょう。
その様子をよく観察して、もし犬が途中でダミーを落としそうになったら、すかさず『ホールド』と命令しましょう。

このしつけも、なかなか犬にとっては難しいものなので、2段階に分けてしつけをします。
根気良く毎日しつけをすると、必ずホールドができるようになります。
犬が物をくわえている時は、オヤツによって褒める事はできませんので、言葉やスキンシップで褒めてあげるようにしましょうね。

▲▲▲ 犬のしつけのプロに学ぶなら ▲▲▲

この記事のタグ

サイト内関連記事

無駄吠えのしつけの方法
無駄吠えは、飼い主もイライラしてしまうし、他人にも不愉快な思いをさせてしまう行為......
散歩の時のしつけとは
散歩にもしつけがあります。 犬にとって散歩はとても大切な事で、毎日行うのできちん......
犬の留守番のしつけの方法
犬は留守番がとても苦手です。 何故かというと、犬は群れて生活する習慣があるので飼......
犬の預かりについて
犬を預ける場合は、旅行に行ったりする2泊以上、留守番させないといけない時です。 ......
犬のしつけ『来い』方法
犬のしつけで、来い(おいで)は、犬が失踪しかけた時や急に走り出した時等にとても有......
犬と電車にのる場合
しつけの基本ができていれば、犬と一緒に電車に乗っていろんなところに行けます。 し......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけ方法~愛犬がますます好きになる!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://animarl.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。