犬と電車にのる場合

しつけの基本ができていれば、と一緒に電車に乗っていろんなところに行けます。
しかし、基本のしつけプラス電車の中でのしつけも大切です。
これは、経験してみるとできなかったりしますが、慣れもありますので電車内で迷惑がかからない程度だと、慣らす為に電車に乗っても良いでしょう。

電車に乗る時は、犬は『手回り品』扱いになります。
電車に乗る犬の条件としては、ゲージに入って総重量が10kg以下でないといけません。
と言う事は、大型犬は無理なので、一緒に電車に乗る事のできるのは小型犬だけになります。

切符も飼い主以外に、犬の切符も必要になります。
自動販売機で購入するのではなく、『小荷物品取扱所』で発行されますが、ローカルな駅では緑の窓口や清算所で発行される事もあるので、わからなければ駅員さんに確認すると良いでしょう。

電車に乗る時のマナーとしては、犬を絶対にゲージから出さない事です。
どれだけ完璧にしつけられていたとしても、犬を嫌いな人もいますので注意しましょうね。
また、神経質な犬で車内で吠え続けるような犬の場合は、絶対に電車に乗せるのはやめましょうね。
排泄や過剰な泣き声で、お客さんに迷惑をかけた場合は途中の駅で降ろされる場合がありますので犬が、電車に乗る事ができるのかをしっかり見極めましょう。

排泄は電車に乗る前に済ませておくと安心です。
万が一の為に、ゲージにもトイレシーツを引いておくと良いでしょう。
すぐ吸収してくれるので、そんなに臭いはしないでしょう。

▲▲▲ 犬のしつけのプロに学ぶなら ▲▲▲

この記事のタグ

サイト内関連記事

無駄吠えのしつけの方法
無駄吠えは、飼い主もイライラしてしまうし、他人にも不愉快な思いをさせてしまう行為......
散歩の時のしつけとは
散歩にもしつけがあります。 犬にとって散歩はとても大切な事で、毎日行うのできちん......
犬の留守番のしつけの方法
犬は留守番がとても苦手です。 何故かというと、犬は群れて生活する習慣があるので飼......
犬の預かりについて
犬を預ける場合は、旅行に行ったりする2泊以上、留守番させないといけない時です。 ......
犬のしつけ『来い』方法
犬のしつけで、来い(おいで)は、犬が失踪しかけた時や急に走り出した時等にとても有......
犬のホールドのしつけの方法
ホールドは犬が物を口で掴むしつけです。 ホールドのしつけができると、遊びの幅も広......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけ方法~愛犬がますます好きになる!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://animarl.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

l>