神経質な犬のしつけ方

ここでは、いくつか例を挙げて神経質な犬のしつけの方法のポイントを説明しています。

ケース①
子犬の頃に狭いゲージにずっと閉じ込められて、人間や犬との接触をほとんど与えられないまま育った犬は成犬になると、精神的に安定しない場合があり神経質な犬に育つ可能性があります。
これはしつけの前に人間社会に触れなかったのが原因です。
このような犬は、少しの物音でも臆病になり、吠え立てます。
少しの音を怖がる犬に対してのしつけの方法です。

①犬の精神が安定していて、静かな場所で行いましょう。
②犬が怯える音を録音しておきます。
最初はボリュームを小さくして、再生します。
犬が怯える事無く、落ち着いて聞いていられたらボリュームを上げていきましょう。
③1日で音を大きくするのではなく、何日もかけてボリュームを上げていきます。
犬が怯える事なく、聞いていられたらたくさん褒めてあげるようにします。
犬によって多少の差はでますが、焦らず続ける事で必ず音に対して神経質にならなくなります。

ケース②
生まれて初めて目にするものに、興味で近づいていく犬もいれば怖がって怯えてしまう犬もいます。
近づいても害はない、怖がらずに近づいていけば良い事があると認識すればその恐怖心を取り除く事ができるでしょう。

①ベビーカーを使用すれば良いでしょう。
ベビーカーの近くに大好物のフードを置き、犬が近づいてくるのを待ちましょう。
②フードに近づいてくるようになれば褒めてあげて、最終的にはベビーカーの下にもぐってフードを食べれるようになるまで、毎日続けましょう。
③最後は、ベビーカーの上にフードを乗せて②と同じ要領でしつけをしていきましょう。

ベビーカーを時々動かして、動いても動じる事が無いようになるまで続けていきましょう。

▲▲▲ 犬のしつけのプロに学ぶなら ▲▲▲

この記事のタグ

サイト内関連記事

食糞をする犬のしつけ
食糞は犬にとって異常な行為ではありません。 主に子犬に見られて、犬にとっては自然......
犬の興奮状態の時のしつけ
犬は興奮しやすい感情豊かな犬と、そうでない犬がいますね。 うちには、ヨーキーとチ......
犬の夜泣きについて
しつけとは少し異なりますが、夜泣きについて説明しましょう。 人間の赤ちゃんと同様......
唸る時のしつけの方法
今まで散々説明した通り、犬は群れで生活する動物なので、リーダーを自分の中で決めて......
飛びつく犬のしつけの方法
犬が飛びつく時には、2つの理由があります。 飼い主に対する愛情を表現する為に飛び......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけ方法~愛犬がますます好きになる!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://animarl.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。